あなたのお庭をデザインする ガーデン(造園)・エクステリアのお店

GreenSam

日々 Diary


あしたも、こはるびより 続き

先日お客様にお借りした 人生フルーツ(映画)の

原作本「あしたも、こはるびより」を読んで、

ご主人 つばたしゅういち さんのあとがきに、

とても とても感動したので。

 

あとがき

 

「センス・オブ・ワンダー」レイチェル・カールトンが

言っている 「今の大人たちは忙しくて、言葉が多すぎる  というより、

言葉らしいものが多すぎる  というより、言葉といえるものがない。」

に共感されており、

 

自身の言葉として

「見て、感じて、おどろくことだけにとどめ、

説明しないように心がけること。見ることを学ぶ。

見ているときに考えたりすると、見る力が弱くなって、

何も見ていないことになるから。感動することが大切」

としゅういちさん。胸にグサッときた。

 

私もこうしてブログをやっていると、

感動を上手に個性的に表現したくて

感動のはなから 言葉を探している自分がいる。

 

でも、人生フルーツの映画の後は、

言葉をみつけようとしなかったなぁ。

そんな つばたご夫妻と映画を制作された

東海テレビに感動。ちゃんと伝わってました!!

 

そして、最後は

「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、

ふかいことをおもしろく」 という、しゅういちさんの言葉。

うんうん、素敵だ。

 

私も そんな庭のデザインがしたかったんだと

気づかせてもらいました。

 

なんだか一人よがりの文章になってしまいましたが、

感動するとはこうゆう事なのかなぁ、なんて。

 

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

Facebookページ


Contents
Copyright (C)Green Sam. All Rights Reserved.