あなたのお庭をデザインする ガーデン(造園)・エクステリアのお店

GreenSam

日々 Diary


2011.12.22 鬼ゆず

20111222

 

 

 

寒くなってきました。

 

今日は冬至、今日を境に夜が少しづつ短くなっていきます。

 

写真は鬼柚子。15㎝もある大きな柚子です。

毎年、いつも植木をお願いしている植木園のをいただいてきて、お風呂にドボンと入れます。

 

小さい柚子より香りは弱いのですが、ダイナミックさがおもしろいです。

 

年末の慌ただしさを暫し忘れて、ゆっくりお風呂にはいります。

2011.12.14 タイルのガーデンシンクとパーゴラの庭

20111214

 

 

あまり言葉にしたくないけれど、とうとう12月も 半分過ぎてしまいました。

駆け足で過ぎた1年でした。

 

今年もたくさんの楽しいお仕事をさせていただきましたが、ご紹介もままならず。

これから まとめて ご紹介させていただきたいと思います。

春や夏の施工もあり、写真の季節感がちぐはぐして しまってますが=

 

写真のお庭は、直近に造らせていただいたお庭です。

アロマのお仕事をされているお施主様のお庭。

 

第 一の目的は目隠しでした。

お隣に威圧感のある建物が、ドンと、建設されることになり、

その存在をシャットアウトするため パーゴラとフェンスで囲い 独立した空間をつくりました。

パーゴラには狭小な場所にこそ力を発揮するという、不思議な力があるように思います。

また、白とブルーのシンクが、キリっと したフォーカルポイントとなり、

とくべつな 空間が生まれました。

 

ティートリーやエキセアナ、

ローズマリーやラベンダーといった 聞いただけで癒されそうな植物を大切に育てられ、

実際にお仕事でも使われているお施主様。

フェンスやパーゴラを塗装した 甘いミルクティーのようなカラーが、

そんな植物たちをさらに生かしてくれました。

 

フロアーには、コッツウォルドの砂利。

ふんわりやさしく、砂利のあの ジャリジャリした感じはありません

。既存のパネルとの相性もピッタリ。

 

フォーカルポイントのシンクは、

既製のタイルの天板を用い、台はオリジナルの漆喰仕上げ。

排水管隠しにもなっているブルーの扉と白いタイル、

見ているだけで気持ちいいガーデンシンクですが、もちろん使い勝手も◎‼

 

陶器製のシンクは、お庭のハーブをガンガン洗っていただけますし、

シンク側面には散水ホース用の蛇口も。

 

人を癒し、幸せにするお仕事をされているお施主様。

人を癒すお仕事は、きっと人一倍大変だろうなと思う。

庭で人一倍癒されていただけたら 私も幸せ。

 

既に存在していたかのような、ナチュラルで大人っぽい、

癒しのお庭ができあがりました。

 

その他の施工写真はコチラ→「ガーデンシンクとパーゴラの庭

2011.12.11 クリスマスリース2

20111211

 

 

ちょっとシックな、リース2。

 

ブラウンのコットン、木の実の茶色と、

ボルドー色のプリザーブドのペッパーで、大人っぽい仕上がりに。

 

お嫁入り前の様子。

壊さないよう慎重にラッピング。

2011.12.9 クリスマスリース

20111209

 

 

今年のクリスマスリースです。

 

お店に飾ったのは、グリーンとホワイトのフレッシュリース。

 

リース台に、ワイヤーで巻きつげて作るフレッシュリースは、

作るのに 少し手間がかかるけれど、

まーるく作り込んでいく過程のなんともいえない ゆるやかな気持ちや、

まんまるく仕上がった時の感動が好きです。

 

できるだけ まーるく まーるく。幸せがはこばれてきますように….

 

今年は、ヒバとオリーブをベースにしました。

実ものは、あまりきれいなものが手に入らなかったので、

プリザーブドを使いましたが、自然な色で違和感なく馴染んでくれて よかったです。

 

フレッシュのリースは、グリーンから茶色へ日に日に変化していきます。

年中使えるリースもいいけれど、少しずつ表情が変わっていくのも魅力的です。

 

今日は寒かった!

クリスマスリースには、寒さが似合いますね。

2011.12.7 クリスマスツリー2

ホワイトバージョンのツリー。

 

白い木の実が効いています。シルバーリーフを多めに入れて、シルバーやパープルのオーナメントで、ふわっと仕上げました。受け皿を、黒のスクエアにしたら 大人っぽくなり引き締まりました。先日の赤いツリーとほぼ同じ素材ですが、お皿を変えると随分印象がかわります。

 

この時期、お客様宅の剪定作業も目白押し。お客様邸を手入れさせていただいたあとのきれいな枝葉は、副産物として私の密かな楽しみになっています。勝手に「グリーン・サムのかけら」と命名し、再利用させていただいています。

2011.12.6 クリスマスツリー

クリスマスツリーをつくりました。

 

今日はとても寒いですが、お客様にほめていただいたので、いい気分です。師走ですね。先日まで暖かかったので油断してました。

 

クリスマスツリーは、先日作ったリースの残りのヒバやオリーブ、店の前に植えてあるサントリナやブルーアイスなどの色んな葉をオアシスに差し、葉と葉の間に松ぼっくりや赤い実などをちょこちょこと。赤いオーナメントでまとめて。

 

リースと違って、上からお水をジョロジョロとかけれるので、フレッシュさが保たれます。店頭に置いてあるので、水が光を浴びてキラキラと、イルミネーションのように光ってきれいです。

 

しばし、没頭して作りあげました。

2011.11.22 新聞バック

20111122

 

 

新聞バックをもらった。

 

素 敵!感動!全て新聞で作ってあるんだけれど、結構丈夫でしっかりしてる。

広告面が上手に使ってあって、「100」って、なんの広告だったんだろうか。

素敵 な広告だ。色もきれいッ。

 

バックにならなかったら、おそらく捨てられてた広告デザイン。

まさかバックになれるとは思ってなかっただろな。

センスのいい人に 見つけてもらってよかったね。

 

ブラウンコットンを入れてみた。なんか、いい。

 

私も作ってみたくなって作り方をネットでさがしてみた。

いろいろあるんだなぁ。四万十川新聞バックっていうのが発祥のようだ。

 

いよいよ今年もあと ひと月とちょっと、 一石二鳥でたのしく整理整頓してみよう。

Page Top

Facebookページ


Contents
Copyright (C)Green Sam. All Rights Reserved.