あなたのお庭をデザインする ガーデン(造園)・エクステリアのお店

GreenSam

日々 Diary


2011.9.5 アロマ

お客様が私用に作って下さった、アロマスプレー。

 

呼称はスプレーでいいのかな?スプレーは容器の事、かな。アロマの定義がちょっとわからない私です。

 

一緒に選んでいただいたエッセンシャルオイルは、ネロリ・フランキンセンス・ベルガモット。香りとネーミングの響きだけで選んでみたら、「木下さん、今疲れてますね。」と、お客様。

 

選んだオイルでその時の状態がわかるそうで、“疲れているけれど、がんばろう”というかんじだそうです。

 

ガンバロウというのは、ひょっとしたら お客様の思いやりで、「疲れてるみたいだけど、がんばってください」という優しいメッセージが含まれているのかもしれませんが、そのとうりだっだので、ビックリするも、うれしい気持ちになりました。

 

アロマは癒しというけれど、なんてゆうか、アロマそのものではなくて、アロマを選ぶ、配合してもらう、処方?してもらう、そのすべてが 癒しにつながっているのかな、と思いました。

 

モヤモヤで、シュッ!

イライラで、シュッ!

ハラハラで、シュッ!

ドキドキで、シュッ!

 

ある意味、影響されやすい私です。

 

アロマで癒しをプレゼントしていただきましたが、次は私が、庭でお客様を癒させていただく番。がんばります!

 

ちなみに、古来ミイラにするとき使われていた オイルもあったりして興味津津。ちょっと希望してみたのですが、それは却下となりました。究極のアンチエイジング はダメでした……

2011.9.2 レンブラント展に行く。

今週末で終了の「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」を見てきました。平日なのにたくさんの人。私と同じ位の人が多かったかな。

 

TV でよく紹介される油絵も、光の表現がものすごく巧みですばらしかったけれど、エッチングのモノクロ線画絵もすごかった。黒のラインで表現された様々な光と 闇と物。光、遠景を表現するラインは、柔らかく、細く、薄く、たけど弱くはない。ずっと見ていると、何色もの色が浮き出てくるよう。

 

すごい技術。やっぱり天才。

私もパース画もっと勉強しなくては、もっと勉強しよう、です。

 

ミュージアムショップで買ってきた 一筆箋とレンブラント肖像の消しゴムを、レンブラントに習ってモノクロモードで撮影してみた。ちょっとレンブラント気分でいいかんじ。

 

今日は台風が接近、空もそろそろモノクロームになってきた。

2011.8.31 切り戻し

8月最終日。

 

まだまだ暑いけれど、ようやく屋外の片付ごとにも 目がいく気候になりました。片付ついでに、草花の切り戻し。まだまだ咲いて くれますように、と 言うよりも、早く夏を終わらせたいかの如く、切ってしまえーって 感じでしたが。

 

そんな花を集めてみたら、思惑とは違って 可愛いらしかった。

 

チコリの花、ニチニチソウ、ミセバヤ、ガウラ、ペチュニア、トウガラシ、ヘンリーヅタ、ブルーアイス・・・・。

 

ヘンリーヅタは、既にすこし紅葉。

秋ですか?

押し花、押し葉っぱ、にでもしてみようかな。

2011.8.28 パーゴラのあるジャンクな庭

今月完成したお庭です。

 

久しぶりの更新です。気づけば ほんとうに暑かった夏も、もうすぐ終わり。昨夜は尾張旭市の花火。毎年、このレーザーと花火の競演を見ながら夏を振り返ります。

 

盛夏に、日進市でフェンス、パーゴラ、作業台、水栓、石張りのフロア、アプローチを造らせていただきました。

 

第一の目的だった目隠しフェンスは、ジャンクな雰囲気がお好きなお施主様の好みにあわせて、異なった板幅を組合わせ、高さもまちまちにデザイン。端板を使って造った、そんな感じに仕上げました。

 

フェ ンスの色は、こっくりしたベージュ色。お客様に選んでいただいたのですが、これがとてもいい色でした。既に決まっていた、ホワイト系のイギリスのアン ティークレンガやふわっとした印象のピンクベージュのピンコロ石ととっても良く合い、また 色白の奥さまにも似合った、ふわーっとやさしーい庭が出来上がりました。

 

やさしくてジャンクな庭です。やさしい庭っていいなぁ・・・・。

 

心も体もヘトヘトだった、今年の春、夏。

過ごしやすくなるこれからの季節、やさしい庭でゆっくり過ごしていただけたら うれしい。

 

詳しい写真はコチラに載せてます→「パーゴラのあるジャンクな庭

2011.7.15 タイルにペイント

月に一度、絵を描いたり 寄せ植えをつくったりして、お客様と一緒に楽しんでいます。

 

昨日はお客様が持ち込まれたテラコッタタイルに、アクリル絵具でペイント。すごくいい感じ!ぶわぁと、葉っぱの香りが広がってくるようです。テラコッタ色とグリーンがなんともいいなぁ。庭にぽつんと、自分で描いたタイルが置いてあったら、庭がもっと楽しくなりますね。

 

暑い毎日が続いています。

なにかに集中すると 暑さも少し忘れれますね。

 

秋くらいを目指して、なにか皆様と一緒に楽しめる機会を作れたらいいなぁと、只今計画中です。ご案内できました折には、ぜひご参加ください。

2011.7.11 カメラレッスン in なばなの里

暑い中、なばなの里まで行ってきました。

 

野村美都先生の野外カメラレッスン。

久しぶりのレッスン撮影、すっかりノウハウを忘れていた自分にガッカリするも、広々とした中で、堂々とカシャカシャできて、たのしかった!

 

みんな、防暑対策をしていざ撮影。

このようなショットを撮影しているようでは 私、集中してないですね。これでは上達しないはず。トホホ。

 

なばなの里は、あじさいの見頃が終わって、植替えによる休業に入る前々日。作業の準備も垣間見れた。

 

この広大な花畑、何人でどのくらいで完成させるのだろう。

そんな事も気になりつつ、リフレッシュしてきました。

 

なばなの里の写真はこちらから、駄作ですがよろしければ→なばなの里

2011.6.23 ペイント色見本帳

木製の門扉に使用する、塗料色見本です。

見てるだけで、テンションあがりますー。

 

通常は既製の塗料を使い 仕上げていきますが、今回施工した扉は、すぐのところにある 玄関扉の色にあわせるのが目的。四苦八苦して いろんなメーカーのものを試しましたが、思うような色に出会えず、オーダーで調合してもらうことにしました。

 

ようやく、みつかりました。今回使うのは、一番左の クリアなスカイブルー。おしゃれな門扉になりそうです。

 

それにしても、見てるだけで創作心がムクムク。素敵なものができそうな気持ちになります。お値段は少々高いですが、必ず自分の色に巡り合えそうです。

 

Page Top

Facebookページ


Contents
Copyright (C)Green Sam. All Rights Reserved.