あなたのお庭をデザインする ガーデン(造園)・エクステリアのお店

GreenSam

日々 Diary


2011.6.16 カフェフラワーのお花

先週末にさせていただいた、プランターへの植え込み作業。

 

パスタとケーキがおいしい レストラン、 カフェフラワー。緑区の神の倉店の方は既に させていただいておりますが、長久手店でも定期的に花苗の植替えを、させていただくことになりました。

 

長久手店は、当社から近いので ちょくちょく チェックできて うれしいなぁ。店舗の植え込みは、個人邸と違い、上手に管理していただくのが難しく、いつもヒヤヒヤしてしまうのです…….。

 

店名のカフェフラワーのフラワーは、flower(花)ではなくflour(小麦粉)ですが、やはり 浮かぶイメージは 花。色とりどりの季節の花で、店舗前を華やかにさせていただきたいと思っています。

 

今回は、夏の寄せ植え。次回の予定は9月なのでそれまで楽しんでいただけるように。また、なるべく手間のかからない植物を中心に。

 

*使用した花苗

ホルムショルディア、カラミンサ、アンゲロニアセレナ、紫宝華、ダリア、アークトチス バカラ、ブラックペパーミント、イソトマ、カンパニュラ ホワイトワンダー、紫トウガラシ、スカビオサ ブラックナイト、アゲラタム。

 

その他の写真はコチラから→ 店舗まえの植込み

2011.6.6 低木植物

今日も気持ちのいいお天気。この晴間、いつまで続いてくれるのかしら。

 

低木のシルバープリペット、ウエストリンギア、サントリナを爽やかなガラスに活けました。

 

普段は脇役の植物もピンポイントで見てみると、かわいいです。シルバープリペットの花は、もう終わりかな。

 

*シルバープリペット/常緑低木 

      おなじみの低木 斑入りの葉と白い花が爽やか

 

*ウエストリンギア/常緑低木(半耐寒性)

      別名 オーストラリアン ローズマリー

      この地方では屋外で冬越し。ローズマリーに似た

      パープルの花がかわいい。

 

*サントリナ/常緑低木 

      夏の蒸れと冬の霜に弱いけれど、西向きの場所で

      植えっぱなしでも大きくなりました。

2011.6.5 梅雨の晴れ間に

雨を避けながら、急ピッチでレンガ積をしています。

 

イギリスのアンティークレンガを使ってレンガ塀を造ります。高いところで2M位になる塀は、イギリスにこのままあるような、そんな雰囲気を目指します。

 

積工法は、イギリス積み。長い方の面と小口面を交互に積みます。井桁のようになるので、強度が増します。

 

イギリス積み・・・・、単に模様ではなく道理にかなったデザインなんだわぁ。。。デザインは、理由のある形である事がうつくしい…..などなどと、梅雨の晴れ間に、せっせとレンガを積んでいる木下を撮影しながら、あらためて思ったのでした。

 

イギリスといえば、チェルシーフラワーショウが5月末に開催されてましたね。いかれましたか?なーんて、ヒョイッと行ければいいのですが。なので私はこれで楽しみました。 2011チェルシーフラワーショウ

2011.5.31 球根

昨晩は、Zepp Nagoya で吉井和哉のライブ。

イエローモンキー時代からの大ファン。

 

ー と、ツアーグッズに、球根栽培セットを発見?!さらに、東日本大震災チャリティーグッズとなっていて、全額寄付とある。これはこれはぜひとも、購入。

 

球根は、「ゼフィランサス カリナータ」 。

 

ゼフィランサスは、高温と乾燥が続いた後、雨が降るといっせいに開花するので、「レインリリー」とも言うらしい。球根4球に固形土がセットされている。梅雨に入っちゃったので少し心配だけれど、早速植えてみよう。

 

イエローモンキーの曲に、「球根」っていう好きな曲があるんですが、それも昨日は聞けたし、球根も買えたしで、いいライブだった。

 

今回のツアータイトルが、Flowers & Powerlight だから 花にちなんだ曲が多かったんだけど、球根だとか種を蒔くとか、花を咲かせよう とかのワードって、ジーンと心うたれます。震災前から決まっていたツアーだけれど、偶然に重なっちゃったそうです。

 

それから昨晩は、もうひとつ うれしいことが。以前カメラ教室でいっしょだった女性と、会場で遭遇!教室に通っているときは、吉井和哉ファンだったなんてこと、全然知らなくてー。 まわりには あんまりいないから、特別にうれしいッ。

 

昨晩は、うれしい、うれしい夜でした。今日からは、球根を育てながら、ライブの余韻をたのしみます。

2011.5.27 ペンステモン ハスカーレッド

東海地方、今日梅雨入りしました…..。

う、ウッソー?! 予定外の梅雨入りに困惑してます。

 

ペンステモンの花も散っちゃいますね。昨年3月に植えた 9㎝ポット苗1株が、こんなに大きくなりました。後ろのサントリナもモコモコです。

 

ペ ンステモンは、寒冷地向けの植物で高温多湿に弱く、 夏の西日は避ける。 と、ありますが、真西にあたる この環境でも きれいに4シーズンを過ごしてくれて、よかった。多年草なので、さみしい冬にも活躍してくれました。ただ、その分 どんどん大株になるので、3~4月の花芽が上がってくる前、外辺りの古い葉を整理すると、きれいに花を咲かせ、姿も整い美しく管理できます。

 

花は、バックの廃材がグレーなのでわかりにくいのですが、薄くきれいなピンク色のベル型で可憐です。なかなか優秀な植物ですね。

 

*ペンステモン ハスカーレッド

 耐寒性多年草

 花期 5~8月

 株分けで増やす

2011.5.24 ゼオライト

原発の問題が日に日に大きくなって、心配です。

 

写真は、園芸用ゼオライト。ゼオライトと 言えば、原発の汚染水浄化のところで当初、「ゼオライト」の名前がでてきて ビックリしました。「あのゼオライト?」と。

 

ゼ オライトは水を浄化してくれる鉱石。私の場合、深い鉢への植え込みには、土に混ぜ根の下あたりに、鉢穴なしの植込みの際には、鉢底に敷いて使っています。 水を浄化して嫌なガスの発生を防いでくれるので、常に水が溜まってしまう環境の改善になります。また、肥料に含まれるリン酸の効きが効果的になるようで す。

 

深さ50~60㎝位の深鉢へ、定期的に植え替えをさせていだだいているお仕事があるのですが、植え替えの度に 費用面において土を入れ替えることは難しく、そのせいなのか、私の思うように育ってくれず、あれこれ試したことがありました。

 

腐葉土を多めに入れたり、肥料をしっかり施したりと、あれこれ試したなかで、ミリオン(※ゼオライトの仲間)を多めに入れてみたら、改善した経験があります。それ以降、深い鉢への植え込みや、オーダーの鉢植には、必ずミリオンを入れています。

 

ところで、珪酸塩白土のミリオン(商品名)、私はてっきりゼオライトなのだと思っていたのですが、どうやら少し違うようです。効果は同じみたいなのですが、※ミリオンは秋田県のみで採取される白土とのことです。

 

先日ミリオンを買いに行ったら、となりに「ゼオライト」と明記されたのがあったので気になり、今回はこちらを買ってみました。原発効果ですかね…..。

 

ちょっと比べてみることにします。

2011.5.20 幸せなお昼ごはん

今日は、「ぎゃらりぃ かふぇ 華野」でお昼ごはん。

 

お庭とアンティークが素敵なお店。本当は、骨董品やお庭が目当てではいったのですが、骨董の器で出てくるおいしい料理に夢中になって、納めた写真は料理の写真だけ。ホントおいしかった~。

 

こんなにボリュームがあって、2000円。他にしっかりしたデザートとドリンクもついてます。今日のご飯は豆ごはん、おいしくてお代わりもしてしまったので、もう満腹。

 

緑に囲まれた落ち着いたお店とおいしいご飯、幸せ。

 

ぎゃらりぃ かふぇ 華野→http://opi-rina.chunichi.co.jp/special/openair-cafe6.html

Page Top

Facebookページ


Contents
Copyright (C)Green Sam. All Rights Reserved.