あなたのお庭をデザインする ガーデン(造園)・エクステリアのお店

GreenSam

日々 Diary


2011.5.17 国際バラとガーデニングショー

国際バラとガーデニングショー 最終日に行ってきました。

 

風が通る西武ドームの会場は、暑くもなく寒くもなく過ごしやすく、最終日のせいか、割合ゆっくりと見ることができてよかった。

 

鶴 太郎さんと安部容子さんのモネの庭、TVで観たときは 正面にアイアンの白いアーチが設置してあったけれど、今日は取り除いてあった。TVで見ていて、気になっていたのでした。ウーンやっぱりない方 が・・・・。そんなやりとりも、おもしろい。これを見比べる事が出来ただけでも、来てよかった。

 

吉谷桂子さんの庭、大人っぽいピンクが素敵でした。とくに風に揺れるピンクの藤の花にうっとりです。

 

写 真のジャンクな庭は、フロントガーデン。ほんの小さなスペースなのに、すごく存在感があった。草と古い物のちょっとしめった匂いがあたりを包んでいるよう な、嫌味なく自然なガーデン。錆びたトタンの門塀?柱?は、実際の、とくに新築の玄関には難しいかもしれませんが、サブ玄関ならOKかも・・・・などな ど、と、勉強させていただきました。

 

その他の作品の数々→2011国際バラとガーデニングショウ

 

刺激をうけて、リフレッシュもして、新幹線ではたっぷり睡眠もとれて、本も読めて、あー良い一日でした。

2011.5.15 キャンドルナイト

昨夜、近くの維摩池でキャンドルナイトが行われました。

色とりどりのキャンドルの灯りが温かく、美しかった。

 

この地方でも 中電の原発が停止し、節電がいよいよ本格化。そのスタートのような、そんな気持ちで参加してきました。

 

「電気を消してスローな夜を。」のような、ゆったり感を味わう余裕が 今の私にはまだ不足していますが、それでも、たくさんの美しい灯りに囲まれていたら、心がすっきりして、気持ちもクリアになってきました。

 

小さな子供たちもたくさんいて、みんなでちいさな灯りを囲んだ賑やかなキャンドルナイトも、幸せですね。

 

気づけば前回の更新から、ひと月も経ってしまってましたぁ。アラララ・・・・

2011.4.13 茨城の野菜

茨城県のほりぐち農園さんから 野菜が届きました。中部地方ではあまりみかけない、出荷規制がされていた かき菜も入っています。

 

震災以降、出荷停止されていた 宅配野菜です。停止中、もう止めるべきか、続けるべきか悩んでおりましたが、うちは小さな子供もいないので、このまま茨城県の野菜をいただく事にしました。

 

震災から1か月の間に、 野菜を取り巻く環境や、その他の環境も大きく変わりました。受け取る側の私たちも変わりました。でもまだ、確信を持てないでおりました。

 

そうしたら、ほりぐち農園さんからのBOXに、「放射線について」という 1枚が入ってきました。これを読んで、ようやくわかりました。これでやっと納得 と、いうのも なんだか情けないのですが、心おきなく、おいしくいただけるのでよかったです。

 

この生き生きとした野菜たち、とくべつ愛おしい。。。

 

野菜の放射線量について書かれている

ほりぐち農園さんのHP

http://nousagyou.cocolog-nifty.com/

 

放射線量が計算できるHP

http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi?id=system/2006/1301365018

2011.4.2 4月。

いよいよ4月、そして 桜。

春日井市の、お施主さま宅の桜が開花。

 

心なごみます。。。

 

が、桜が咲くころまでに完成!を 目指して2月に着工したビレッジガーデン、震災の影響で資材の搬入が遅れたりもあったりして、開花には間に合わなかった……。

 

でも、あと一息。

満開の桜の下でのお花見は、なんとかしていただけそう。

 

施工中のビレッジガーデンは、雑貨デザイナー Shinzi katoh 氏の事務所の庭。庭の一画には、桜のようにパステルな、Shinzi katoh ワールドな小屋も登場の、たのしい庭です。

 

スタッフの方が、ブログに施工の様子をのせて下さっています。こちらも どうぞ、のぞいてみてください → http://nobikoskd.blog28.fc2.com/blog-category-1.html

2011.3.30 アネモネ モナリザ

農協に野菜を買いに行ったら、大輪のパープルが目に飛び込んできた。こんな時はやっぱり、花だなぁ。。。

 

き れいな色のアネモネのポット苗が、売れ残って安くなっていたので、来年用に、そして今年もまだ楽しめるので買ってきた。いっしょに安くなっていた銅葉のチ コリと、寄せ植えしたらおもしろいかな?ブロンズの葉色がパープルとよく似合いそうだ。いやー、アネモネを今の時期から寄せ植えしたらやっかいかな?チコ リは、まだこれから大きくなるし…..。フムフム…どうしよう…..。

 

とりあえず、ポットのまま寄せ置いて、ながめていよう。2、3日して苗が落ち着く頃、私の気分も変わっているかも。

 

こうして、あれこれ考えるの、たのしいですね。

新しく洋服を買ってきたときと同じです。

 

*アネモネ : 球根 花期 3月~5月

 

寒い頃から春まで次から次と長い間咲き続ける。花が終わった6月頃 球根を掘り上げて管理し、10月に植え付ける。夏の加湿に注意すれば植えっぱなしも可能。加湿に弱く、寒さに強い。日当たりを好む。

2011.3.28 春、ピンク

ビレッジガーデンの小屋の外壁に塗る、漆喰色見本をつくってみました。

 

たのしい。。。

 

桜のような、春らしいきれいな色がでました。漆喰にフランスの天然色粉をまぜてつくります。すこし青味のある うすいピンクの壁にしたいので、色粉の入れ具合を慎重に調整。

 

右はしのピンクは、ものすごくきれいだけど 広範囲には厳しい。小屋じゃなくても何か他のものに塗れないかな?・・・・と、色見本作業から、わき道にそれてしまいそう。

 

きれいな色は、心が明るくなりますね。

被災地の人にも このピンク、おすそ分けしたい。

2011.3.26 行きつ戻りつ

ここのところ、なんだか気持ちが落ち着かない日が続いています。

 

ここ愛知県は、電気も水も放射線の問題もない地域なのに、目に見えない重いものに押しつぶされているような。

 

茨城のほりぐち農園か ら2週間に1度 届けてもらっている有機野菜、今後どうするのか判断しなければいけない。廃棄せざる野菜、農家は大変だなぁとTVを見ながら言っておいて、断る の?…..私。どうしよう?どうすればいいのか?「自分のできることは何なのか」 のキーワードが浮かぶ。放射能という、大きくて重いはじめての問題、知り得ぬ恐ろしさ。スッキリ決められないもどかしさ。

 

私 のように、こんな 行きつ戻りつ の気持ちをかかえている人もたくさん いるんじゃないかと思う。東京の水の買占めなんかも、わかってはいるけれど我が子の事を考えると、そういう行動になってしまうんだろうな。そういえば、デ ザインを考えるときも、 いつも「行きつ戻りつ」。形が決まって、進めていって、ぶつかって、また戻って、迷いながら手探りででも進めていくと、必ずベストな形が見つかる。

 

そうか、そうやって ぶつかりながらしていたら 自分なりの最善な方法が見つかるのかもしれないな。「行きつ戻りつ」を受け入れて。

 

今、3件の物件の図面に取り掛かっている。日にちはドンドン過ぎていくのに、なかなか提案に思いきれない日が続いていた。地に足が着いていない状態で集中力が低下してしまっていたのかもしれない。プロとしては情けなく失格ですね。

 

でも、今こうして書きながら、光が見えてきました。

行きつ戻りつ・・・・。

ウーン、いいかんじに気持ちが戻ってきました。

一気に仕上げようと思います。

 

追伸  今(15:35)鹿児島の焼酎屋さんから、社長宛に営業(焼酎の)TEL。逞しい。そのくらいでなくっちゃ?即、お断りしましたが・・・。

Page Top

Facebookページ


Contents
Copyright (C)Green Sam. All Rights Reserved.