あなたのお庭をデザインする ガーデン(造園)・エクステリアのお店

GreenSam

日々 Diary


2011.3.30 アネモネ モナリザ

20110330

 

農協に野菜を買いに行ったら、大輪のパープルが目に飛び込んできた。

こんな時はやっぱり、花だなぁ。。。

 

 

き れいな色のアネモネのポット苗が、売れ残って安くなっていたので、

来年用に、そして今年もまだ楽しめるので買ってきた。

いっしょに安くなっていた銅葉のチ コリと、

寄せ植えしたらおもしろいかな?ブロンズの葉色がパープルとよく似合いそうだ。

いやー、アネモネを今の時期から寄せ植えしたらやっかいかな?

チコ リは、まだこれから大きくなるし…..。フムフム…どうしよう…..。

 

とりあえず、ポットのまま寄せ置いて、ながめていよう。

2、3日して苗が落ち着く頃、私の気分も変わっているかも。

 

 

こうして、あれこれ考えるの、たのしいですね。

新しく洋服を買ってきたときと同じです。

 

*アネモネ : 球根 花期 3月~5月

 

寒い頃から春まで次から次と長い間咲き続ける

花が終わった6月頃 球根を掘り上げて管理し、

10月に植え付ける。夏の加湿に注意すれば植えっぱなしも可能。

加湿に弱く、寒さに強い。日当たりを好む。

 

 

 

2011.3.28 春、ピンク

20110328

 

ビレッジガーデンの小屋の外壁に塗る、

漆喰色見本をつくってみました。

 

 

たのしい。。。

 

桜のような、春らしいきれいな色がでました。

漆喰にフランスの天然色粉をまぜてつくります。

すこし青味のある うすいピンクの壁にしたいので、

色粉の入れ具合を慎重に調整。

 

 

右はしのピンクは、ものすごくきれいだけど 広範囲には厳しい。

小屋じゃなくても何か他のものに塗れないかな?・・・・と、

色見本作業から、わき道にそれてしまいそう。

 

 

きれいな色は、心が明るくなりますね。

被災地の人にも このピンク、おすそ分けしたい。

 

 

 

 

 

2011.3.26 行きつ戻りつ

20110326

 

ここのところ、なんだか気持ちが落ち着かない日が続いています。

 

ここ愛知県は、電気も水も放射線の問題もない地域なのに、

目に見えない重いものに押しつぶされているような。

 

 

茨城のほりぐち農園か ら2週間に1度 届けてもらっている有機野菜、

今後どうするのか判断しなければいけない。

廃棄せざる野菜、農家は大変だなぁとTVを見ながら言っておいて、

断る の?…..私。どうしよう?どうすればいいのか?

「自分のできることは何なのか」 のキーワードが浮かぶ。放射能という、

大きくて重いはじめての問題、知り得ぬ恐ろしさ。スッキリ決められないもどかしさ。

 

 

私 のように、

こんな 行きつ戻りつ の気持ちをかかえている人もたくさん いるんじゃないかと思う。

東京の水の買占めなんかも、わかってはいるけれど我が子の事を考えると、

そういう行動になってしまうんだろうな。

そういえば、デ ザインを考えるときも、 いつも「行きつ戻りつ」。

形が決まって、進めていって、ぶつかって、また戻って、

迷いながら手探りででも進めていくと、必ずベストな形が見つかる。

 

そうか、そうやって ぶつかりながらしていたら 自分なりの最善な方法が見つかるのかもしれないな。

「行きつ戻りつ」を受け入れて。

 

 

今、3件の物件の図面に取り掛かっている。日にちはドンドン過ぎていくのに、

なかなか提案に思いきれない日が続いていた。

地に足が着いていない状態で集中力が低下してしまっていたのかもしれない。

プロとしては情けなく失格ですね。

 

 

でも、今こうして書きながら、光が見えてきました。

行きつ戻りつ・・・・。

ウーン、いいかんじに気持ちが戻ってきました。

一気に仕上げようと思います。

 

追伸  今(15:35)鹿児島の焼酎屋さんから、

社長宛に営業(焼酎の)TEL。逞しい。

そのくらいでなくっちゃ?即、お断りしましたが・・・。

 

 

2011.3.25 ビレッジガーデン

20110325

 

今、春日井市で施工中のビレッジガーデン。

 

 

陽だまりがあったり、薔薇園があったり、

ハーブガーデンがあったり、イチジクやびわの果樹があったりと、

ところどころにテーマをもたせてデザインした庭です。

 

 

現在は最終段階の小屋づくりにはいっています。

今日は屋根の製作。屋根は板瓦で3、4色に塗装します。

提案の際、遊び心でデザインさせていただいたのを採用して下さいました。

私としても初めての試みなのでワクワクです。

慎重にカラーを決めて、いざ!力が入ります。

 

 

本当は私も現場にはいりたいのですが、

今日は提案をお待たせしてしまっている

図面を仕上げなくてはいけません….。

仕事の合間にパース図を眺めて、どうなったかなぁ?と、

思いを巡らせている次第。

 

 

ビレッジガーデンもあと一息で完成です。

 

 

 

2011.3.23 イギリスの砂利

20110323

 

大地震から12日、いまだTVで流される悲しい映像を観るたびに呼吸が止まる。

自然の恐ろしさを この歳になってようやく知らされた。

 

 

そして東北と並行して こちらでは、

海を越えてやってきたイギリスの砂利を敷いている。

自然を造っていられることの幸せを想う。その幸せの分を募金しよう。

 

津波に流され泥まみれになってしまったなかには、

丹精込めて手入れした草花や樹木、何年もかけて造り上げた庭もたくさんあるのだろう。

大切なお気に入りのガーデン雑貨もあったんだろう・・・・・。心が痛い。

 

でも、すでに東北の人たちは立ち上がっていますね。

ほんとうにすばらしい。一日でもはやく、

街に花を植える日が訪れてくれますように、心からお祈りします。

 

イギリスで採れた砂利は、

踏み込むとやわらかい感触で足にやさしく何とも言えない色あいで、

日本の庭をイングリッシュガーデンに仕上げてくれます。

 

 

 

 

Page Top

Facebookページ


Contents
Copyright (C)Green Sam. All Rights Reserved.