あなたのお庭をデザインする ガーデン(造園)・エクステリアのお店

GreenSam

日々 Diary


2016.6.16 ジャンク で カワイイ 植栽

 

ジャンクだけど、かわいい植栽が 完成しました。

 

レンガがのっかっていたパレットを フォーカルポイントにしての、

パレットが主役の 植栽デザインです。

 

DSCN5000

 

「ジャンクな雰囲気にしたい!」 とのご要望で、

当社の倉庫に 眠っていた パレットに 鎖やフックを取り付け

楽しげな ジャンクスタイルにしてみました。

 

DSCN5002

 

ゴロタ石にペイントした カラーストーンとゼンタングルストーン。

さびた鉄筋で、 さらに ジャンクっぽく。

植えているのは、ポップブッシュ・ブッドレア・シモツケ・ローズマリー

ミントブッシュミラクルスター・ヒューケラ・リアトリス・ストケシア・

セントーレア モンタナ ブラックスプライト・ハクチョウソウ・

エキナセア サマーサルサ・アベリアホープレイズ

 

パレットの足元には、ロニセラ ミントクリスプも植わっています。

伸びてきたら  パレットに巻きつけてもいいし、

鎖にからませてもおもしろい。

パレットに釘を打ち込み、ワイヤーを 引っ掛けてもいいな。

 

DSCN5005 - コピー

 

向こうの方には、古いスコップと 錆びたブルーの缶。

白いアナベルとスコップ 似合ってるなぁ

ジャンクだけど、ちょっとカラフルで可愛い 盛りだくさんの植栽です。

 

DSCN5025

 

ボルト型のプランター、焼き物です!セダムを植えこんで。

 

DSCN5017

 

青い缶の中は、

コプロスマ ブルンネア・ルメックス・黒竜・シュガーバインの寄せ植え。

コプロスマ ブルンネアは、ブロンズ色の茎?枝?から

でている 緑の新芽がかわいくて、生命力も感じます。

ブラウンとグリーンとブラックで、流行りの「男前」仕様。

 

DSCN4997

 

施工前のパレットと苗を借り置きしたところ。

何も施してないパレットは、まだ味気ないですね。

梅雨が終り、芝が緑のジュウタンになったら、さらに美しく。

 

 

2016.6.13 ジャンクな品

 

 明後日の植栽工事にあわせて、

庭を飾る アクセサリーを あれこれ 集めてきました。

植栽部分は、ジャンクなスタイル になるので、

ジャンクガーデン を彩る、ジャンクな品々です。

 

太くてカッコイイ、いろんな鎖。

ネットに引っ掛けて、ハンギングに使おうか?

 

 DSCN4987

 

 ブルーが鮮やかな古い缶。

カレックスなど、ブロンズカラーのグラスなんかを 植えてもいいな。

 

DSCN4988

 

いっきにジャンクっぽくなりそう!

 

四角くて赤い缶、何の缶だったんだろう?

サーディンって、書いてあるから イワシ?

この中にイワシ?? オイルサーディン?

プリントが逆さまなのはなぜか?底にもプリントあり。

ジャンクだなぁ。

上部のふたは、固くて簡単に開けれず、まだそのまま。

開けるのが  こわい。

 

DSCN4985

 

 インパクトが強いから 使い方を 考えなければなぁ。

ちょっと、難しそう。 でも、この存在感 好きです。

 

どんな 感じにしようか、どれを使おうか、

仕入れた植物と合わせながら あれこれ思案中。

 

こんな時間が とても楽しいです。

 

2016.6.8 トラン・ブルーのパン

 

娘から、飛騨高山みやげに トラン・ブルーのパンをあれこれもらった。

「超有名なパン屋さんだよ!」とのこと。

 

あ、この 先のとんがった形のフランスパンに見覚えが。

思い出した! 前に NHKの「プロフェッショナル」に出てた成瀬さんのパンだ。

 

DSCN4962

 

この美しいエッジのきいた細身のフランスパン。

センスのいいフランスパンだなぁと、記憶していた。

 

そういえば、番組の中でも フランスパンの切れ目や形にも

拘られていて、そうする意味があるから と、おしゃってたな。

意味はなんだったか 忘れてしまったけれど。。

 

先日読んだ  水野学さんの「センスは知識からはじまる」のなかで、

センスは 天から降ってくるものではなく、知識の集積の上に成りたち

精度の高い知識とそこから 少し先にとび出た デザインやアイデアの

成功が、センスの良しあしとなる。美しい形 デザインには必ず意味があり、

地に足がついていないデザインは、デザインは完璧でもセンスはよくない。

と、あった。

 

美味しいパンを追求し、そこから生まれた美しい形、そしてそこに

プラスされた 成瀬さんのエッセンス。

「センスは知識からはじまる」、ほんとうにそうだな。

 

食べてみて、なおさら 心から 納得です。

 

2016.6.3 カフェフラワー

 

昨日は、長久手市のパスタ&ケーキのお店

「カフェフラワー」の植え替え作業日でした。

 

今回は、3カ月ぶり。次回は9月~10月頃の予定なので、

夏の暑さをのりきり丈夫で涼しげ、また花付きもいい花苗で

『ホワイト&グリーン&ブルー』の寄せ植えをつくりました。

 

DSCN4914

 

ニチニチソウ、ペチュニア、センニチコウ、エボルブルス(アメリカンブルー)、

アイビー、どれもオーソドックな種類ですが、ペチュニアもニチニチソウも

明度の高い白色を選び、また、アイビーも濃いグリーンにして

パキッとした印象を 目指しました。

 

とくにニチニチソウの花芯の部分の色には拘ってます。

ピンクや赤では、折角のブルー&ホワイトの爽やかさが

薄れてしまうので、なるべくレモン色のうすい黄色を。

細かい部分なのですが、細かい部分に拘るほど

効果は大きいのではと、思っています。

 

DSCN4920

 

 

植えたばかりなので、まだ大株のアイビーに隠れてしまってますが、

梅雨を迎え、夏に向って ドンドン花をつけていってくれる予定です。

 

 

DSCN4925

 

控えめなブルーのエボルブルスは、

強い印象のホワイトと、アイビーのグリーンのまとめ役です。

 

DSCN4921

 

カフェフラワーの植え替えは、約3カ月ごとに行っておりますが、

植え替え時の 土の、私なりの方法について。

 

 

植え替え時、

①撤去する苗にわざと多めに土を付けて、引き上げます。

②鉢の中の残った根などを取り除きます。

③残った土に、浄化作用のあるミリオンと空気を入れ混ぜます。

④新しい腐葉土を追加します。その際の腐葉土は、

なるべく細かく熟成された、葉っぱの形があまり残ってない

ものの方が、早く土に馴染むかと思います。

⑤たっぷりの土を付けて撤去した苗をふるいにかけて、

不純物を取りのぞいた土と肥料とともに、新しい苗を植え付けます。

 

ふるいにかけた土はサラサラして、見違えるようになります。

ふるい、いいですよ‼   気持ちいいですよ!!

 

「ふるいにかける」 とは よく言ったもんだなぁなんて、

ふるいを使うたびに思い、ふるいの良さをかみしめています。

 

この方法で、数年 植え替えておりますが、

いまのところ、問題なく成長してくれています。

 

2016.6.1 デコレーションライト

 

このところの日差しで、植物も ちょっとゆだんすると

ぐったりしてしまっています。

 

昨日は雨が降ったから 今日はあげなくても大丈夫かな?

なんて、ゆだんしていると午後 花首が首をかしげてる。。

なんてこともしばしばです。

 

また、この季節 風が強いので、乾きやすかったりしますね。

 

と、いうわけではないのですが そろそろ夏に向けての

デコレーションが恋しくなってきました。

 

イケアで購入した屋外可能な ソーラーパネル使用の

LEDデコレーションライトを取り付けてみました。

このところのお気に入りです。

 

DSCN4911

 

ブルーの色合が素敵な、北欧らしいデザインです。

 

DSCN4908

 

暗くなると、点灯します。

 

DSCN4912

 

こんな小さなソーラーパネルを土にさしておくだけで、

夜になると自然に点灯します。これで、合計2000円!

付属で、壁掛け用の部品もついていたので、

小屋の屋根あたりとか、軒下なんかにもつかえそうです。

 

コードも邪魔にならないし、電気代もかからない。

LEDの寿命は、2万5千時間。

全てにおいて 大満足。

 

これからの季節、夜の水やりでも大丈夫ですので、

自分の好きな物をながめながらなら、

面倒な水やりも楽しめそうですねー

 

2016.5.27 アリスの庭と古い椅子

 

日差しは強いのに、晴れなのか曇りなのか、

雨が降ってくるのか、はっきりしない日が続いています。

 

でも、梅雨前どくとくのヒヤッとする冷たい風が 好きです。

冷たい空気をたくさん感じたいので、この季節になると、

早く麻の半袖シャツが着たくなります。

 

昨日は、あま市に行っていました。主要道路から少し

入った所でも、たくさんの田畑があり、植えたばかりの

稲が 風を受け とても気持ちよさそうで、私まで気持ち

良くなります。

 

あま市には、3年前に造らせていただいた介護施設の庭

「アリスの庭」があり、昨日は花壇の植栽の打ち合わせに

伺っておりました。

 

こちらの介護施設には、ハイジの家、アリスの家、アンの家、

ピーターラビットの家と言った かわいいネーミングがついて

おり、カフェも併設されていて、明るくやわらかな印象です。

 

アリスの庭は、施設のお年寄りやスタッフ、おじいちゃん

おばあちゃんに会いに来られるお孫さんがコミュニケーショ

をとっていただけるようにとのオーナーのご希望で、園路を

歩いて四季を感じていただいたり、ベンチで休んでいただいたりと、

ながめるだけではない、参加できるお庭になっています。

 

 

DSCN1730

 

 

DSCN1718

 

脚にやさしい園路アプローチ

かわいい動物もいます!

 

DSCN1722

 

お天気のいい日はここでおしゃべり!

 

 

 

そして、帰り道 に寄ったリサイクルショップ「bの穴」にて

小さな古い椅子を 1080円! で 購入。

なかなか雰囲気のある椅子にお値打ち価格で出会えました。

四角い形が気にいってます。

 

座面はかなり傷んでるので リメイクしなくてはいけま

せんが、脚のグラつきもなく、丈夫そうです。

当社の小さな店内に似合いそうです。

 

どんな布で座面を作ろうかなぁ、また楽しみが

ひとつ増えました。

 

 

イス20160527

 

 

20160527イス2

 

座面中身の木屑がみえてます。

素敵なえんじ色の椅子カバーは 残念だけど、

変えなくちゃなぁ。

 

2016.5.24 和もだん なお庭の完成

 

昨年9月の 「モリコロパークにて開催 」のお知らせから、

久しぶりの投稿となってしまい、おはずかしいです。

 

実は、今見ていただいております日々のページに不具合が生じ

写真が全て消えてしまうという、トホホな状態になっております。

更新をおこたった報いかな?なんて、ものすごく反省しております、、

只今復旧に励んでおりますので、お見苦しいかと思いますが

よろしくお願いいたします。

 

今日は、初夏を通り越して夏の一日のようです。

そんな夏がにあいそうな、先日完成したばかりの和モダンなお庭を

ご紹介させていただきます。

 

DSCN4807

 

掃き出し窓からのテラスはたたき風に。

控えめに入れた玉砂利と、黒の御影ピンコロ石で、

モダンだけれど、やさしく品が良い仕上がりになりました。

 

DSCN4797

 

フェンスだけど、フェンスではない ちょっと粋な 衝立風な板塀を造りました。

カラーは弁柄色。そうしたら、ちょっと厳かな空間になったのは不思議です。

木漏れ日も神々しく清々しく感じます!

 

DSCN4790

 

椅子に飾ってある、ターシャのポスターと奥様が育てられた大きなギボウシも

しっくりなじんでいて、素敵です。

 

DSCN4793

 

こちら側は、古い扉を利用して作られた収納庫。

弁柄色板塀とでお互いが引き立て合っているように感じます。

 

車庫側のお庭にもデッキを作らせていただきました。

ハードウッド  ウリン材のデッキです。メンテナンス フリーがうれしいです。

 

DSCN4815 - コピー

 

 DSCN4819

 

デッキ背面の壁は、以前施工させていただいた板壁。

暗くなると、小窓に灯りが灯ります。

窓の下には かくしテーブル、パタンと開きます。開けたところもお見せしたかった!

赤と黒のデッキチェアは、八ヶ岳の柳生さんの所から運んでこられた宝物。

手前のベンチ兼テーブルは、お持ちになっていた古板に

グリーン・サムで脚をつけさせていただいたのですが、

思いのほか上手に出来たので、よかったです。

 

DSCN4814

 

木々に囲まれた気持ちのいい空間です。

 

お庭の片隅の水場です。

たくさんの植物や畑の水やり、広範囲に渡るので

ホースリールの巻きが面倒とのこと。

ホース丸ごと入って、使いやすくて、丈夫で、おしゃれで

の条件であれこれ探して、古いオイルタンクにであいました。

半分に切ってみたら、こんなに素敵な水場に。

ガーデンブーツとの相性もバッチリです!

 

DSCN4825

 

これから到来する暑い夏を、

このお庭で快適に過ごしていただきたいなと思います。

 

 

Page Top

Facebookページ


Contents
Copyright (C)Green Sam. All Rights Reserved.