あなたのお庭をデザインする ガーデン(造園)・エクステリアのお店

GreenSam

日々 Diary


2016.6.28 ズッキーニの花

 

家庭菜園でとれたズッキーニを、お花つきでいただきました。

あんまりにもきれいだったので、写真におさめてみました。

 

DSCN4994

 

くるくるっと、 規則的にまかれている様は、

美しくて うっとりしてしまいます。

色も、グリーンからキイロのグラデーションできれいだなぁ。

自然の法則ってすごいなぁ。

 

DSCN4994 - コピー

 

スケッチ描きたくなっちゃうなー

 

そんな事を思いめぐらせていたら、

クライドルフ画の「アルプスの花物語」に でてくる

プリムラの女の子を思い出したので、さっそく本を開いてみた。

 

DSCN5075

 

冷たい泉の水をのむ、プリムラの女の子たち。

かわいいなぁ。

ますます 描いてみたくなってきた。

 

曇り空のグレーな日に、キラッと光がさしたような

こころ踊る 午後のひととき と、なりました。

 

DSCN4996

 

ズッキーニ本体も きれいな黄色。

花はてんぷらで いただけるそうなので、

そちらでも楽しませてもらいます。

 

2016.6.24 花壇の植え替え

 

梅雨の晴れ間をねらって、花壇の植え替えをさせていただきました。

 

DSCN5064 - コピー

 

玄関ポーチのアールに、ふんわり かかる枝葉がやさしい

エゴノキをメインに、ポップブッシュ、ローズマリー、

マホニアコンフューサ、西洋イワナンテン。

 

 エゴノキが落葉樹なので、他は常緑植物でそろえてます。

クリスマスローズは、もともとのものを使用。

 

植え替え前の様子です。

 

DSCN5068

 

コニファが、モコモコしてきて むれてしまい

虫がつき、中のほうが 茶色くなってしまってました。

コニファは、植える場所によって 大きくなってくると

なかなか手ごわいなぁ、と 最近 感じています。

いつもグリーン、葉も落ちない、等 魅力的なんですけれどねー

 

そんな理由でご相談をうけ、コニファとはまた違った魅力の

植物を、ご提案させていただきました。

 

エゴノキは、冬には葉が落ちてしまいますが、

優しい枝や、秋の黄葉、春に咲くかわいらしいベル型の白い花 と、

四季が楽しめる樹木です。

 

また、風で枝や葉が揺らぎ、アーチにそよぐ感じも とても素敵です。

 玄関のアーチがより 印象的になったのではと、思っています。

 

2016.6.21 晴雨兼用スニーカー

 

雨の日でも 気兼ねなく履ける スニーカーを さがしていました。

 

家具やライフスタイル用品を扱う 「KEYUKA」という お店で

ようやく見つけたスニーカーは、

バルカナイズ製法でつくられた 履きやすいスニーカーです。

KEYUKA企画デザインだそうです。

 

スニーカー1

 

バルカナイズ製法とは、薬品を加えた窯で熱と圧力をかけて

ソールを本体にしっかり結合させる方法。

さら に KEYUKAのこのスニーカーは、ソールの上もラバーに

なっており、ラバー部が3.5㎝もあるので、

雨が染み込みにくいようです。

 

スニーカー2

 

形は、私も好きなカッチリタイプなのに、履き心地がとてもソフト。

雑貨屋さんに置いてあった 靴だったので、

失礼だけど 履き心地にはあまり期待せず 試着?してみたところ、

 

履きやすさにビックリ、そしてKEYUKA オリジナルと聞いて

2度ビックリ、さらに お値段を聞いて 3度ビックリ!(3500円税抜)

ネイビーの他、 白とグレーあり。

 

最近の、一番うれしいお買い物でした。

 

ところで、この地方の梅雨はどんな状況だろうか?

今日も午前中は雨が降っていたけれど、午後は晴天。

熊本では記録的な大雨、関東は水不足、沖縄は梅雨明け。

なにがなんだか. . .

 

でも、「雨が降って晴れて」 を くりかえすのは、

植物にとっては最高ですね。

 

 

2016.6.16 ジャンク で カワイイ 植栽

 

ジャンクだけど、かわいい植栽が 完成しました。

 

レンガがのっかっていたパレットを フォーカルポイントにしての、

パレットが主役の 植栽デザインです。

 

DSCN5000

 

「ジャンクな雰囲気にしたい!」 とのご要望で、

当社の倉庫に 眠っていた パレットに 鎖やフックを取り付け

楽しげな ジャンクスタイルにしてみました。

 

DSCN5002

 

ゴロタ石にペイントした カラーストーンとゼンタングルストーン。

さびた鉄筋で、 さらに ジャンクっぽく。

植えているのは、ポップブッシュ・ブッドレア・シモツケ・ローズマリー

ミントブッシュミラクルスター・ヒューケラ・リアトリス・ストケシア・

セントーレア モンタナ ブラックスプライト・ハクチョウソウ・

エキナセア サマーサルサ・アベリアホープレイズ

 

パレットの足元には、ロニセラ ミントクリスプも植わっています。

伸びてきたら  パレットに巻きつけてもいいし、

鎖にからませてもおもしろい。

パレットに釘を打ち込み、ワイヤーを 引っ掛けてもいいな。

 

DSCN5005 - コピー

 

向こうの方には、古いスコップと 錆びたブルーの缶。

白いアナベルとスコップ 似合ってるなぁ

ジャンクだけど、ちょっとカラフルで可愛い 盛りだくさんの植栽です。

 

DSCN5025

 

ボルト型のプランター、焼き物です!セダムを植えこんで。

 

DSCN5017

 

青い缶の中は、

コプロスマ ブルンネア・ルメックス・黒竜・シュガーバインの寄せ植え。

コプロスマ ブルンネアは、ブロンズ色の茎?枝?から

でている 緑の新芽がかわいくて、生命力も感じます。

ブラウンとグリーンとブラックで、流行りの「男前」仕様。

 

DSCN4997

 

施工前のパレットと苗を借り置きしたところ。

何も施してないパレットは、まだ味気ないですね。

梅雨が終り、芝が緑のジュウタンになったら、さらに美しく。

 

 

2016.6.13 ジャンクな品

 

 明後日の植栽工事にあわせて、

庭を飾る アクセサリーを あれこれ 集めてきました。

植栽部分は、ジャンクなスタイル になるので、

ジャンクガーデン を彩る、ジャンクな品々です。

 

太くてカッコイイ、いろんな鎖。

ネットに引っ掛けて、ハンギングに使おうか?

 

 DSCN4987

 

 ブルーが鮮やかな古い缶。

カレックスなど、ブロンズカラーのグラスなんかを 植えてもいいな。

 

DSCN4988

 

いっきにジャンクっぽくなりそう!

 

四角くて赤い缶、何の缶だったんだろう?

サーディンって、書いてあるから イワシ?

この中にイワシ?? オイルサーディン?

プリントが逆さまなのはなぜか?底にもプリントあり。

ジャンクだなぁ。

上部のふたは、固くて簡単に開けれず、まだそのまま。

開けるのが  こわい。

 

DSCN4985

 

 インパクトが強いから 使い方を 考えなければなぁ。

ちょっと、難しそう。 でも、この存在感 好きです。

 

どんな 感じにしようか、どれを使おうか、

仕入れた植物と合わせながら あれこれ思案中。

 

こんな時間が とても楽しいです。

 

2016.6.8 トラン・ブルーのパン

 

娘から、飛騨高山みやげに トラン・ブルーのパンをあれこれもらった。

「超有名なパン屋さんだよ!」とのこと。

 

あ、この 先のとんがった形のフランスパンに見覚えが。

思い出した! 前に NHKの「プロフェッショナル」に出てた成瀬さんのパンだ。

 

DSCN4962

 

この美しいエッジのきいた細身のフランスパン。

センスのいいフランスパンだなぁと、記憶していた。

 

そういえば、番組の中でも フランスパンの切れ目や形にも

拘られていて、そうする意味があるから と、おしゃってたな。

意味はなんだったか 忘れてしまったけれど。。

 

先日読んだ  水野学さんの「センスは知識からはじまる」のなかで、

センスは 天から降ってくるものではなく、知識の集積の上に成りたち

精度の高い知識とそこから 少し先にとび出た デザインやアイデアの

成功が、センスの良しあしとなる。美しい形 デザインには必ず意味があり、

地に足がついていないデザインは、デザインは完璧でもセンスはよくない。

と、あった。

 

美味しいパンを追求し、そこから生まれた美しい形、そしてそこに

プラスされた 成瀬さんのエッセンス。

「センスは知識からはじまる」、ほんとうにそうだな。

 

食べてみて、なおさら 心から 納得です。

 

2016.6.3 カフェフラワー

 

昨日は、長久手市のパスタ&ケーキのお店

「カフェフラワー」の植え替え作業日でした。

 

今回は、3カ月ぶり。次回は9月~10月頃の予定なので、

夏の暑さをのりきり丈夫で涼しげ、また花付きもいい花苗で

『ホワイト&グリーン&ブルー』の寄せ植えをつくりました。

 

DSCN4914

 

ニチニチソウ、ペチュニア、センニチコウ、エボルブルス(アメリカンブルー)、

アイビー、どれもオーソドックな種類ですが、ペチュニアもニチニチソウも

明度の高い白色を選び、また、アイビーも濃いグリーンにして

パキッとした印象を 目指しました。

 

とくにニチニチソウの花芯の部分の色には拘ってます。

ピンクや赤では、折角のブルー&ホワイトの爽やかさが

薄れてしまうので、なるべくレモン色のうすい黄色を。

細かい部分なのですが、細かい部分に拘るほど

効果は大きいのではと、思っています。

 

DSCN4920

 

 

植えたばかりなので、まだ大株のアイビーに隠れてしまってますが、

梅雨を迎え、夏に向って ドンドン花をつけていってくれる予定です。

 

 

DSCN4925

 

控えめなブルーのエボルブルスは、

強い印象のホワイトと、アイビーのグリーンのまとめ役です。

 

DSCN4921

 

カフェフラワーの植え替えは、約3カ月ごとに行っておりますが、

植え替え時の 土の、私なりの方法について。

 

 

植え替え時、

①撤去する苗にわざと多めに土を付けて、引き上げます。

②鉢の中の残った根などを取り除きます。

③残った土に、浄化作用のあるミリオンと空気を入れ混ぜます。

④新しい腐葉土を追加します。その際の腐葉土は、

なるべく細かく熟成された、葉っぱの形があまり残ってない

ものの方が、早く土に馴染むかと思います。

⑤たっぷりの土を付けて撤去した苗をふるいにかけて、

不純物を取りのぞいた土と肥料とともに、新しい苗を植え付けます。

 

ふるいにかけた土はサラサラして、見違えるようになります。

ふるい、いいですよ‼   気持ちいいですよ!!

 

「ふるいにかける」 とは よく言ったもんだなぁなんて、

ふるいを使うたびに思い、ふるいの良さをかみしめています。

 

この方法で、数年 植え替えておりますが、

いまのところ、問題なく成長してくれています。

 

Page Top

Facebookページ


Contents
Copyright (C)Green Sam. All Rights Reserved.